2012年10月15日月曜日

MO'SOME TONEBENDER.S.U.C.Kツアーファイナル@恵比寿リキッドルーム.ライブレポート

(MC by藤田勇)「モーサムトーンベンダーのライブを楽しむための10カ条。その1、ブチ切れる。その2、ブチ切れる。その3、ブチ切れる。その4、ブチ切れる。その5、ブチ切れる。その6、ブチ切れる。その7、ブチ切れる。その8、ブチ切れる。その9、ブチ切れる。その10、ブチ切れる。」からの轟音。を、聴いたとき、どんなに素晴らしくって大好きなバンドがあったとして、まったく冷え切ったままのライブもある。だって生モノなのだから、人間なのだから。しかして、今日はどうだ。「絶対に」大丈夫だ。わたしと、わたしと共にリキッドを埋める観客と、彼ら――モーサムトーンベンダーの目指すべきテンション・体温・疲労、つまり目的が完全に一致しているのだから。と確信する。10月も半ばにさしかかろうとする土曜日、まず間違いなくこのフロアーが東京でもっともホットになるに違いない。1曲目~2曲目ですでに踊られるダンスの烈しさがその証明だ。


リキッドの写真撮るのを
すっかり忘れていました。
 とか、なんとかかんとかバラライカ、[DOOR]から[YOUNG LUST]としょっぱなから飛ばす混沌に、みんな笑顔で頭を振り乱していたら、4曲目あたりでいきなし演奏がストップ。「(百々)機械は人間よりも弱いからなあ。」つまり、あの(笑)、藤田勇のギタートラブル発生(笑)。「(武井さん)ツアーの疲れがギターにも出てたようです。」「(客)たけいさんはあーーー?!」「(武井さん)・・・・・・え?俺?(微笑)」すぐに機材が交換されるも鳴らない音。しばしの無音でゆっくりと空気を冷やしていくかに見えたフロアー、しかしそれを見事な"武井節"がかきまわしていく。
 「(武井さん)ツアーではいろいろなところをね、まわらせてもらいましたけどね。……だいぶお客さんが少ないところもあったような・・・」「(客・爆笑)」「(百々)……」「(藤田)……(一生懸命)」しかしその軽妙洒脱(笑)なトーク力を持ってしても、なかなか終わりの見えない調整に、だんだんと沈黙は延びてゆき、彼の額には冷や汗と思しき液体が浮かびあがっていきました。けれどもすでに述べたとおり、目的を同じくしたわれわれは、その間延びに逆に危うい期待と興奮を高めていきました。助走がなくては高く跳べない。オードブルがなくてはフルコースとは言えない。痛快さはいつも遅れてやってくる、だから自殺なんかしちゃあもったいないんだよ、若者達よ。やっとの調整を経て演奏再開した後の恵比寿リキッドルームの熱狂は、単純にして明快、ただただ踊り尽くそうという気概だけが支える、まさに爆発でありました。


 彼らのすごいのは、そんな凶器とも狂喜ともいえる爆音の沙汰にも関わらず、どの音もちゃんとCDどおりに分離して耳に届く、というところでありまして、だからこそ[Beach Side Moon]のような楽曲もたいへん美しく、そして聴衆の動きがやむこともなく、ダンスミュージックとして成立しちゃうわけですね。一部の男子からは「えー!」という声も聞こえましたが(笑)、あの「武井オペラ」は激ヤバ!!熱気があるぶん、武井さんの声が伸びまくって、もー揺れること揺れること!
いったことのある人ならば
わかるであろう、
ホールの前面鏡。
  しかし、多くのひとにとって一番ヤバかったのはやっぱり[ElectBoys]でしょう。事前情報をまったくいれずにいったので、まさかカラフルなサイリウム群が一気に頭上に振りかざされるとは思わず(開演前、サイリウムを手売りするお姉さんを横目に「ちっ、声優イベントかよ、Aice5だったら誰がなんと言おうと緑を買ってたよ、おりゃあよ、だけど今日はモーサムだぜえ? 百々は赤だな。買わないけど。」という実に男らしい(笑)勘違い。リキッドでなぜ手売りしているのか考えればすぐ分かることだったのに。。)、その光の残像にくっらくらしながら、やっとここでロックバンドのライブらしく皆でガンガン飛び跳ねながら踊って、汗と共に意識も床に滴らせて、もうそこからは止まらない・止まれない。
 なぜこうもモーサムのロックは「踊れる」のか。開演前の藤田勇制作のMIX-CDは確かにエレクトロニカな色に染まっており、一方で百々の鳴らすムスタングはパンクの絶叫であり、両者の奇跡的な融合がこの結果なんだろうか、などと余計なことを考え始めた瞬間きた[Shining]のイントロのキラキラ感がくれた答えは、その歌詞どおり。「言葉もなくしちゃったよ 叫んでばっかりだよ ハロー アイラブユー」視界は電飾でいっぱいの武井さんでぐらり。


 どの曲の前で言ったかは忘れましたが、百々の「発散してる?」に示されたモーサムの意義は、すべての音楽に共通しつつ、全員がエンターテインメント性を持ちながら鋭利・めちゃくちゃでありながら失われないリズム。という点を見ると、ロック部門ではモーサムが一番じゃないのかな。というか、もしかして今日のライブは彼らのキャリアのなかで一番じゃないのかな。という感すらしてくるS.U.C.Kツアーファイナル。12月25日に再び東京に現れる(「(百々)どうせ予定ないやろ!(笑顔)」)彼らを今観に行かずにどうするのだ、踊れるロックンローラーたちよ。率直に、「こんなに」はもう来年はないかもしれません。


[SET LIST]

※某所参照。すみません覚え切れなかった。
01. DOOR
02. YOUNG LUST
03. TIGER
04. Metaluca
05. Hammmmer remix ver.
06. farewell party
07. Punks is already dead
08. Cat park
09. happy new year
10. ロッキンルーラ
11. 未来は今
12. Beach Side Moon
13. born head dandy
14. パーティは続くよ
15. Have you ever seen the stars?
16. ElectBoys
17. 24 hour fighting people
18. Lost In the City
19. hang song
20. GREEN & GOLD
21. Shining
22. Anywhere(But Here)

encore1. 
trigger happy
BIG-S

encore2.
凡人のロックンロール


 アンコールにて。
 「中年男性・額・電光掲示板」という普通なら頭をひねるような三題噺をそのままその身で、というかどんな想像も超えて体現し、客席を練り歩くベースがほかにいるかってんだ。いたら言ってくれ、そいつがモーサムの次にかっこいいバンドのベースに決まってる。

(2012年10月22日一部改訂)


BGM

①Slynk - Let's Make It Funky(後ろでワウワウいってるギター(たぶん)が最高)
②MO'SOME TONEBENDER - Strange Utopia Crazy Kitchen(言うまでもなく最高)

0 件のコメント:

コメントを投稿